砂場で楽しく遊びました

 二月末日の暖かな西グラウンドでおもちゃの片付けが終わり、砂場にブルーシートをかけ終わると、一人の男の子がその上を一生懸命走り出しました。それを見た他の子がまねをして、走り出すと、一人、二人と増え、砂場にはたくさんの子どもたちが! 追い越しては追い抜かれ、その繰り返しが楽しいようで、キャッ! キャッ!と声を上げ笑いながら走る子どもたちにひきつけられました。「わっせ! わっせ!」とかけ声をかけはやし立てると、その声に反応し、スピードアップする子どもたち。いつの間にか私も仲間入り。はだしになって走ると砂のふかふかした柔らかさとひんやり冷たい感触がたまらなく気持ちよく、走っては倒れ込み、みんなでふれあい、重なり合うここちよさを感じました。友だちや保育者がいるだけでこんなに楽しく、満足できる遊びをする子どもたちはすごいですね!
    三室八重子