難聴

 老眼がけっこう進みまして、老化だなぁと思っていましたら、今度は耳がおかしくなってきました。もともと「左耳高音部難聴」というのは若い頃からの持病なのですが、それがさらにひどくなってしまったようです。高音部が聞き取りにくい感じなんですね。そうすると子どもたちの声が聞き取りにくい、ということになってしまい、子どもたちがせっかく話しかけてくれてもうまく聞き取れず「えっ?」「もう一回言って」と繰り返しているうちに、「もういいよ…」と言って走っていってしまう、というようなこともしばしば。他の園長先生たちに話しましたら、「それって幼稚園の先生として末期的じゃないですか! わはははは」とからかわれましたが、まあそう言った先生も私より二つくらい年下ですので、もうじきですよね。わはははは。そのときにつらさを我が身で感じなさいねっ。 (^_^;)