開・閉会式の練習

 

 発表会が来週の水曜に迫ってきまして、今日は開会式と閉会式の練習をいたしました。開会式は四歳児全員がステージに上がり、園歌を歌ってくれます。閉会式では五歳児がカーテンコールを行います。今日、練習を見ていて、「今年の子たちはすごいな!」と思ったことがありまして、それはあくびをする子がいないということです。自分が歌ったり踊ったりしている間はもちろんあくびをする子なんていませんが、園長あいさつだの母の会会長あいさつだのと続けば、そりゃ飽きてくるのも仕方がないことで、毎年、けっこうあくびをする子続出となります。でも今年は練習時には、そりゃ皆無ではありませんでしたが、せいぜい二人くらい。驚くほどでした。かと言って過緊張していてがちがちってことでもないようでしたので、やる気も自主性をもって練習に臨めていたということなんだろうなと思います。それともう一つ。先日の総練習以来、風邪を引かないようにということで、口をすっぱくして早寝を奨励しています。十分な睡眠の成果がこういうところにも出ているのかもしれません。あと6日間、と言っても実質練習できるのは今日と月曜日だけ。風邪引かないように気を付けて頑張りましょう。