卒園式の練習-2

 今日は卒園式の練習の最終日。本番と同じように練習しました。今年は年長児クラスの先生たちの希望で、「こころのねっこ」という歌を新たに加えました。これがなかなかいい曲で、じーんときちゃいました。

「これからの出会い
 これからの仲間
 これからわかるたくさんのこと
 ここですごした毎日が
 みんなのこころのねっこにな〜れ」
という歌詞もいい感じですし、個人的にもゆったりとした曲調が好きです。
(電子リコーダーで練習して本番で吹こうかと思いましたが、さすがに今からだとちょっと練習が間に合わないかなという感じ…)

 ひくま幼稚園の卒園式では子どもと保護者と教師のかけあいの「よろこびのうた」という感動的な曲を歌い、また退場時には「さよなら ぼくたちの幼稚園」という、これまたいい曲を歌うのですが、それに加えて感動的な3曲目も加わり、もう当日は保護者の方には「絶対に泣いていただきますっ!」というモード。毎年、一番最初「思い出のアルバム」を流しながら一年間の出来事をスライドショーで流すところで、もうハンカチが目からはずせなくなるお母さんがいるほどですが、今年はさらにパワーアップですねぇ。覚悟して参加していただきたいと思います。 (^_^;) 油断しているとこちらもあぶないのですが…。