疲れと鍼

 新年度がスタートして二週間。どたばたとした毎日の中、勢いで生活してきましたが、さすがに幼稚園と寺で17連勤となりますと、疲れも少々…。あらゆる感覚が鈍くなってきています。まず味とにおいがよくわからなくなりました。薄い味付けだとなにを食べているのかよくわからず、醤油などをかけ過ぎてしまいます。漬物なんかを食べ過ぎているかもしれません。においもよほど強いにおいでないとわからず、昨日は家内がコーヒーを淹れていたのにそのにおいが感じられず、自分でもびっくりしました。
 感動する気持ちも薄れているのかも…。その証拠にブログねたが稼げません。ちょっとした「おやっ」という気持ちを書き留めておき、ブログのねたにするのですが、それがないです。いかんですねぇ。 (^_^;)
 こういうときは鍼治療です。鍼に行きますと、まずその日のうちに味覚が元に戻ります。即効性がある治療ではないので敬遠される方も多いと思いますが、私の場合、味覚が回復しますので、「おっ、今回も効いているな」と実感できます。元保護者の方が名医ですので、今回もささっと通いたいのですが、予約を二回入れたら、二回ともその日にお通夜が入ってしまいまして、やむなくキャンセルすることに…。ご迷惑をお掛けしてしまいました。混んでいるところなので、すぐのすぐでは予約を入れられず、またちょっと先に延ばすことになりました。今朝は家内に、最近ちょっと猫背がひどくなったよと指摘されました。早く行って、背筋もぴっと伸ばしてきたいものです。