お祭ごっこ

 ちょっと前、ゴールデンウィーク明けに、三歳児たちがお祭ごっこをいたしておりました。満三歳児クラスの担任の石原先生はお祭が大好きで、副担任の大芝先生はトランペット吹きなので、お祭ごっこの雰囲気を盛り上げるために、お祭ラッパを持ち込んで、激錬りごっこをしていました。子どもたちも大喜びで、楽しんでいましたが、私もつい調子に乗ってお祭ラッパを吹かせてもらいました。でもこれって初めて吹きましたけど、難しいものですね。すかーっと息が漏れるだけで、全然音が出ませんでした。恥をかいたままでは終われないと思い、私はトロンボーンを引っ張り出して吹きましたが、三回も吹くともう目の前が酸欠で真っ暗に…。これ以上吹くと倒れるなと思ったところでやめました。こんなの昼間も夜も吹いて練習しているから、浜松は吹奏楽が盛んになるのかなとも思いました。 (^_^;)