母の日のプレゼント

 昨日、5月12日は母の日でしたね。その前々日の金曜日の帰りのバスの車内は、なんだか子どもたちのテンションがいつも以上に高く、みんなどうしちゃったの?、と思いましたが、どうやら母の日のプレゼントである「お母さんのお顔」の絵を銘々が持ち、早くお母さんにあげて、喜んでもらいたいという、気持ちの表れのようでした。降車する際に「通園バッグを忘れないようにねぇ」と声をかけますが、忘れる子なんかいませんね。バスの中で寝る子もこの日に限っては皆無でした。降りるなり「ただいま」も言わず、満面の笑みで「おかぁさ〜ん! これ!」と言って、絵を差し出していました。車内で「日曜が母の日だから、日曜まで隠しておいて、日曜日にあげたらいいんじゃないの」と私に言われ、「うん! そうする!」と言っていた年長のRちゃんも、降りるなりすぐに渡していました(笑)。
 それにしても母の日の直前保育日の帰りのバスの雰囲気がこんなだったなんて、勤めてもう30年にもなりますが、知りませんでした。うかつでしたが、新しい発見にびっくりでした。