読み聞かせ絵本の冊数

 今年度に入ってからは、ごく希に出張等で園にいない場合を除いて、毎日、お迎え部屋で絵本を読んでおります。4月当初は去年から引き続いて、一日に二冊の絵本を読んでおりましたが、もう手持ちの絵本もだんだんと底を突いてまいりまして、先日から一日一冊に変えさせてもらいました。もちろんそれでも毎回毎回、新しい絵本を読むわけにはいきませんので、同じ本がしばらくするともう一度登場したりしますが、不思議と子どもたちからは不満の声は出ませんね。そこがありがたいところです。
 でも考えてみたら、1992年に、私が香港の日本人幼稚園でクラス担任をさせていただいたとき、日本から運んでいった絵本は30冊だけで、それでもなんとか一年間、もたせることができました。日本人向けの日本の本の本屋さんもあったのですが、とにかく値段が高くて、しかも品揃えがそんなに多くなく、途中、里帰りしたときに数冊補充しましたが、それでも30冊ちょっとは少なかったですね。
 で、今ざっと数えてみましたら、私が読み聞かせに使っている絵本は120冊ちょっとありました。これで文句言っていてはかつての自分に申し訳ない。少しでも工夫して、子どもたちに楽しんでもらわなければと思います。

 さて、誠に申し訳ございませんが、7月よりお盆となります。お盆が終わりますので、ブログをお休みさせていただきます。よろしくお願いいたします。