お芋の絵本

 話が前後してしまいましたが、芋掘りに行く数日前から、お迎え待ちの部屋で、お芋に関する絵本を読みました。『さつまのおいも』『やきいもするぞ』です。あと、サツマイモ続きだったので、ジャガイモの絵本も一冊、『じゃがいもポテトくん』も読みました。
 「みんなはお芋掘りに行ったら、どんなお料理で食べたい?」と聞きますと、わりと多かったのが、スイートポテト、天ぷら、味噌汁あたりですかね。大学いもと言う子もいました。うちは家内が毎年コロッケを作ってくれますので、その話をしましたら、興味津々という感じで聞いていました。
 ついでなので、「ジャガイモはどうやって食べるのが好き?」と聞きましたら、肉ジャガ、ポテトサラダあたりが人気で、フライドポテト、ポテトチップスなども多かったようです。「園長先生はねぇ、カレーの中に入れるジャガイモが好きだなぁ」と言いましたら、けっこう多くの子が、口には出さずとも「あぁ、その手があったかぁ」という表情をしてくれまして、なんとなくおかしくなりました。
 まあだいたいその後は、「お芋を食べるとおならが出るよねぇ」という、子ども好みのお下品話につながっていくのですけれどね。